「ラテアート」で日本人優勝=世界の頂点に滋賀県

| コメント(0) | トラックバック(0)
前回(パティシエ)に引きつづいて。
世界一ですか...日本人初ですか(実はすごさが分からない)。

港区とか青山とかでなく、滋賀県近江八幡市宮内町っていうのが面白い。

こんなすごい人だったんだ。全然気付かなかった。
今度帰省した時に行ってみよう。

「ラテアート」大会で日本人優勝=ハート模様で世界の頂点に
クラブハリエ日牟禮(ひむれ)カフェ 村山春奈さん(25)

 【ロンドン時事】 「ラテアート」の技術を競い合う世界大会が23日、英ロンドンで開かれ、日本代表として出場したバリスタ(コーヒー入れ職人)、村山春奈さん(25)=クラブハリエ日牟禮(ひむれ)カフェ=が優勝した。同大会での日本人の優勝は初めて。
 「ラテアート」はエスプレッソコーヒーにミルクを注ぎ、表面にハートや葉などの模様を描く技術。大会には各国からバリスタら計35人が参加し、それぞれ8分間で3種類のコーヒーを入れ、味やデザインを競った。
 村山さんはハートが幾層にも重なる絵柄や、枝垂れ柳をイメージしたものなど難易度の高い技に挑み、審査員から高い評価を得た。優勝盾を手にした村山さんは、「日本を代表しているので(デザインに)国柄を出すよう努めた。いろいろな人に支援してらって、ここまで来られてうれしい」と笑顔で喜びを語った。(2010/06/24-07:14)
http://news.biglobe.ne.jp/international/157/jjp_100624_1578231405.html
http://clubharie.jp/news/10/06/24_wlac.html

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.travel-creators.com/mt/mt-tb.cgi/57

コメントする

このブログ記事について

このページは、Keiichi.Nakanishiが2010年7月10日 23:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「製菓細工国際大会で初優勝=滋賀のパティシエら日本チーム」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。